ピロリ菌検査

概要

ピロリ菌検査

胃がんと関連が深いといわれているピロリ菌の感染率は、衛生環境と相関すると指摘されています。そして現在50代以上の日本人の70〜80%以上がピロリ菌に感染しているとも考えられています。感染経路はいまのところはっきりとは解明されていませんが、井戸水などによる経口の感染が主と考えられています。したがって上下水道が整備されていないような地域や国では感染率が高いのですが、先進国の中であるにもかかわらず、日本はいまだに高い感染率を有しています。ただし感染していても、消化性潰瘍が必ず発症するとはかぎりません。