2012.03.12更新

東日本大震災から1年が経ちました。
当時は、なんという恐ろしい事が起きたのだと驚愕し、被災地のために何か力にならなくてはと真剣に考えました。
医院修復お手伝いセンターへの東日本大震災コケコッコ募金や日本医療法人協会への寄付など、当クリニックでも微力ながら協力させて頂きました。
しかしながら、日常生活を普通に送れる私は、時間の経過と共に、画面の向こうの話だと、恥ずかしながら喉元を過ぎた感がありました。
昨日、東日本大震災関係の番組が沢山放送されていましたね。
ジャニーズ事務所さんを始め多くの有名人の方々が、1年経った今も、被災地の力になろうと、一生懸命に協力を呼びかけている姿を見て、頭の下がる、有難い、胸が熱くなる想いがしました。
ああ、まだ何も終わってはいないのだと、改めて思い知りました。

近藤真彦さんが、仙台にパンダを!と活動されているとニュースで拝見しました。彼らは素晴らしいですね。被災地を、被災者の皆さんを応援したい気持ちは誰にでもあると思います。それを影響力のある誰かが、率先してまとめ、分かりやすい形にしてくれることを、有難いと思います。心から応援したいと思います。
大切なことを思い出させてくれたことにも、心から感謝します。

投稿者: 中村クリニック